湘南学園中学校の受験情報!合格のために知っておくべきこと

湘南学園中学校の校舎湘南学園中学校は、神奈川県藤沢市にある私立中高一貫校です。

高校からの募集は行われず、完全中高一貫校となっています。

ここでは、湘南学園中学校ならではの学校の特色、気になる試験対策など受験情報をご紹介していきます。

湘南学園中学校の特色

湘南学園中学校高等学校では、「社会の進歩に貢献できる、明朗有為な実力のある人間の育成」という教育目標が掲げられ、中高一貫の6年間での教育が行われています。

その中で、第一志望大学への合格に向け、6年間で充実したカリキュラムが組まれています。

また、「持続可能な開発のための教育」として「湘南学園ESD」が構築され、その軸として「総合学習」が行われています。

「総合学習」では、さまざまな交流体験や調査学習などが行われ、幅広い内容となっていることが特徴です。

学校の沿革

1933年に湘南学園(幼稚園・小学校)が創立され、1947年には湘南学園中学校が開設されました。

1950年に湘南学園高等学校が開設され、1979年には中高一貫教育が始まっています。

施設

主な施設は、各教室のほか、調理教室、被服教室、化学教室、生物教室、技術教室、美術教室、演示室、音楽教室、メディア室、図書室、ホール、アリーナ、サブアリーナ、テニスコートなどがあり、充実した施設が見られます。

進学先

2021年の大学合格実績は、早慶上理で合計29名、GMARCHで合計75名、国公立大学で合計7名といった進学実績があります。

学校周辺の環境

湘南学園中学校へのアクセスは、小田急線の鵠沼海岸駅から徒歩8分、江ノ電鵠沼駅から徒歩8分となっています。

また、小田急線は都心とのアクセスにも優れ、多方面からアクセスすることができます。

湘南学園中学校の受験情報

試験日

A日程:2022年2月1日(火)午前

湘南学園ESD入試:2022年2月1日(火)午後

B日程:2022年2月2日(水)午前

C日程:2022年2月3日(木)午前

D日程:2022年2月5日(土)午前

募集人員

A日程:30名

湘南学園ESD入試:15名程度

B日程:35名

C日程:35名

D日程:15名

入試科目

試験日程 入試科目
A日程 国語・算数(2科)/国語・算数・理科・社会(4科)
湘南学園ESD入試 記述・論述 *事前動画を含む
B日程 国語・算数(2科)/国語・算数・理科・社会(4科)
C日程 国語・算数の2科目
D日程 国語・算数の2科目

試験時間と配点は、国語・算数がそれぞれ50分で150点満点ずつ、社会・理科がそれぞれ40分で100点満点ずつとなります。国語・算数の試験時間と配点は、2科目・4科目を問わず全ての日程で共通しています。

湘南学園中学校の偏差値と倍率

男子の偏差値

湘南学園中学校の男子偏差値(80偏差値)は、次の通りとなります。

A日程 49
B日程 50
C日程 50
D日程 50

女子の偏差値

湘南学園中学校の女子偏差値(80偏差値)は、次の通りとなります。

A日程 50
B日程 51
C日程 51
D日程 51

倍率

2020年度の入試結果より倍率は次の通りとなります。

ESD入試 2.3倍
A日程 3.2倍
B日程 3.9倍
C日程 4.5倍
D日程 8.7倍

倍率総計では4.2倍となっています。D日程の実質倍率が毎年最も高く、8倍を超えています。

入学後の学費

入学金・施設費合計 400,000円
授業料等年額の合計 721,200円
生徒会費(4月のみ) 6,000円
学年費(年額) 60,000円
積立金(旅行・YA)年額合計 116,000円

これらの学費を合計すると、年額で130万3200円となり、初年度にかかる学費の目安と考えることができます。

入試問題と対策

算数

試験時間は50分で配点は150点満点となります。大問は6問程度出題され、大問1が計算問題、大問2が一行問題、そして大問3から応用問題という出題傾向が見られます。

全体としては基礎的な問題が多い傾向があります。その分、得点源とするべき問題は必ず得点できるようにしましょう。

特に前半の計算問題や小問集合では、ケアレスミスを避け、確実に高得点をとっておくことが重要です。

また、図形の出題が多い傾向が見られます。過去問をはじめ、頻出分野の問題は数多く解いておきましょう。

国語

算数と同様に、試験時間は50分で配点は150点満点です。

大問は3~4問程度で、漢字などの知識問題と読解問題という出題構成となります。

読解問題は小説文、説明文がそれぞれ大問で出題され、選択肢問題や書き抜き問題などが中心となっています。

基礎的な文章内容が多いといえますが、その分きちんと得点できる必要があります。

また、選択肢問題が多い場合、本文の内容と設問に照らし合わせ、十分に検討して解く必要があります。

過去問に加え、似たような設問形式の問題に多く触れ、演習を重ねておきましょう。

社会

試験時間は40分、配点は100点満点です。

大問は3問で、地理・歴史・公民のそれぞれの分野からバランスよく出題されています。また、時事問題の出題も見られます。

設問の形式としては、選択肢問題や適語記入問題のほか、記述問題も見られます。

適語記入問題で用語を正確に書くためにも、誤字脱字をしないよう十分に注意しておきましょう。

また、地図やグラフなどの資料を活用した問題も見られます。

資料問題など、情報を読み取って解答する形式の問題にも慣れておきましょう。

理科

社会と同様に、試験時間は40分で配点は100点満点となります。

各分野からまんべんなく出題されるほか、時事問題の出題も見られます。

選択肢問題や適語記入問題などが中心となりますが、計算問題が出題されることもあります。

また、実験問題や観察問題も出題されるので、十分な慣れが必要です。

過去問だけでなく、実験や観察を扱った問題を多く解き、きちんと対策をしておきましょう。

設問形式の種類が比較的多いので、時間内に一つ一つきちんとこなしていく力が求められます。

過去問

受験者平均点の特徴

2021年度受験者平均点

平均点 割合
A日程 363点 72. 6%
B日程 363点 72.6%
C日程 203.3点 67.7%
D日程 175.8点 58.6%

それぞれの配点(A日程・B日程は500点満点、C日程・D日程は300点満点)で割合を見ると、A日程、B日程においては7割を超えています。C日程、D日程はいずれも6割以上の得点となっています。

合格者最低点

男子の合格者最低点

合格者最低点 割合
A日程 393点 78.6%
B日程 417点 83.4%
C日程 234点 78%
D日程 216点 72%

それぞれの配点(A日程・B日程は500点満点、C日程・D日程は300点満点)で割合を見ると、男子の合格最低点はどの日程でも8割に近い得点が必要となります。

女子の合格者最低点

合格者最低点 割合
A日程 390点 78%
B日程 412点 82.4%
C日程 228点 76%
D日程 213点 71%

それぞれの配点(A日程・B日程は500点満点、C日程・D日程は300点満点)で割合を見ると、女子の合格最低点は、いずれの日程も7割を超えています。

湘南学園中学校合格のために必要なこと

湘南学園中学校の入試は、2科目受験と4科目受験の日程があることが特徴です。2科目受験となるA日程は、他の日程と比較すると偏差値が最も高いですが、倍率は最も低い傾向があります。

一方で、同じ2科目受験のD日程は、全日程の中で倍率が最も高くなる傾向があります。

2科目受験と4科目受験の選択を考えるにあたり、このような傾向も踏まえて検討しておくと効果的です。

試験科目全体としては、基本的なレベルの出題が多い傾向が見られます。

一方で、ケアレスミスを避け、確実に得点を積み重ねることが重要になります。

また、社会や理科は、各分野からまんべんなく出題される傾向があるので、それぞれの分野で基礎知識を正確におさえておく必要があります。

過去問から傾向を把握したうえで、過去問以外の問題演習もきちんと行い、対策をしておきましょう。