試験本番・説明会も直前で焦らない!小学校受験を万全な状態で迎えるための準備

小学校受験をする女の子

小学校受験をするにあたり、試験の対策以外にも様々な準備が必要です。

例えば入学願書に必要な写真はどこで撮ればいいか、教室や学校説明会・見学、運動会に着ていく服装はどんなものが良いのか・・・。

直前に慌てて用意し後悔することが無いよう準備しておくと良いことを二人の子供の小学校受験経験からお伝えしていきます。

願書用の写真準備

先ず、入学願書の写真は、スピード写真では無く写真館で是非お撮りください。

お教室にお通いの方は先生から志望校に合わせておすすめの写真館などお話があると思います。

背景の色や表情、洋服のアドバイスなどが頂けたらそれに沿って準備を進めてください。

もし指定などが無い場合、小学校受験の写真で有名なのは伊勢丹の写真館等です。

ネット上でも「小学校受験・写真」と入れてみると沢山の写真館が出てきます。

是非小学校受験に強い、もしくは小学校受験を知っている写真館をお選びください。

勿論お子様が通い慣れている昔からお願いしている写真館がある場合はそちらでも良いと思いますが、用途が受験の入学願書用だということ、サイズや背景の色など注意事項を予めお伝えしておくとスムーズですね。

家族写真を提出する場合

写真は殆どが本人の顔写真ですが、時々家族写真の四つ切サイズを提出する学校もあります。

その点は市販の過去問題集等を調べると情報として載っていますので受ける予定の学校が家族写真の提出が必要かどうかご確認ください。

家族写真はお家の居間等で撮ったものでも良いとのことですが、我が家は証明写真と同じ写真館で窓があるスタジオに移動し部屋の雰囲気を出してもらい撮りました。

写真撮影は入学願書を出す3カ月前までに撮影したもの等指定があります。

大体皆さん受験される年の夏休み、8月頃に撮りに行く事が多いです。

夏休みは海に行ったりと日焼けをしたりすると思います。我が子達も毎年早々に日焼けをするタイプの子だったの、海に行く前に撮ったりと、撮影時期も気をつけました。

服装は試験本番と同じ服で撮り、家族も本番の時と同様にしました。

また写真館によっては8月頃の予約が混み合う事もありますので、前もって予約をしておくと安心ですね。

秋頃になってしまう場合は、仕上がりまで時間が数日かかる場合もありますのでお気をつけください。

試験本番以外にも必要になる!親子の洋服準備

準備となるとこれを一番最初に考えられる親御さんも多いのではないでしょうか。

試験本番に使用するだけではなく、その前から行われる学校見学、説明会、運動会や文化祭での行事見学の時にも必要になります。

そして教室に通い始めるとその時の服装も教室によっては「本番を想定しての服装でお越しください。」と言われる事もありますので早めの準備が必要になってきます。

勿論この頃のお子様は成長が著しいので本番用は受験年に入ってからご用意されると思いますが、先ほど申しました通り様々な機会で必要になってきますので、前もって何着かご購入される事をおススメします。

最低限準備しておくべき洋服

最低限、教室に通う用として女の子は紺色や水色のワンピース数着か、男の子は白のポロシャツと紺色の短パンを学校見学用と兼ねてご準備されると良いと思います。

お父様は普段から着ている紺色かグレーの明るめのスーツの準備があれば大丈夫かと思います。

お母様も教室に通う用に紺色ワンピースや上下をご購入されると思いますが、本番にも着ていけるようなフォーマルワンピースとジャケットも早めに用意しておくと、説明会などに行かれる時にも着用出来ます。

プラスアルファで用意しておくと便利な洋服

プラスα、女の子でも運動がある学校ではハーフパンツに白ポロシャツという恰好の時もありますので、グレーか紺のハーフパンツと白の半そでブラウスや白ポロシャツを買っておくと教室でも使えますし、運動会等の見学の際にも着用できるので便利です。

そして寒い時にはベストとコートで調整出来るようにしました。

長袖のブラウス等も買いましたが我が家ではあまり活躍の機会がありませんでした。部屋の中に入ると暖房がかかっていて暑いくらいでしたので、冬場もコートの中は半袖を着ている事が多かったからです。

国立の試験では、12月に入ってからでしたが長袖の子は皆無でコートを脱いだら半袖短パンの子が殆どでした。

入学してからも国立小学校は基本的に1年中半袖短パンです。私立の学校でも暖房で暑すぎてしまうと大変なので半袖で行きました。

下着は白、靴下も白ですが、女の子は必ず黒または紺色オーバーパンツを履くことをお忘れなく!夏場は暑くなってしまいますので股の部分に白い布が縫い付けてあり一枚で履けるような物もあります、入学後も使えるのでそちらもおススメです。

女の子の洋服準備

  • 紺色やグレーのワンピース(夏用の水色ワンピース等も)ポケット付きがおすすめです
  • 紺色ボレロやジャンパースカート(ポケット付きがおすすめです)
  • 白色の半袖ポロシャツかブラウス
  • 紺色かグレーのハーフパンツ
  • 紺色かグレーのベスト
  • 冬用のコート
  • 白色三つ折りソックス
  • 白色下着やオーバーパンツ
  • 黒靴(普段用は運動靴タイプがおススメです)
  • 白色運動靴(上履き)

男の子の洋服準備

  • 紺色かグレーの短パン
  • 白ポロシャツ
  • 白色靴下
  • 紺色かグレーのベスト
  • 冬用のコート
  • 黒靴
  • 白色運動靴(上履き)

お母様の洋服準備 

  • 本番用紺色ジャケット、ワンピース
  • 教室通い用の紺色のワンピースやスカートやパンツ
  • 黒か紺色の冬用コート
  • 肌色ストッキング
  • 黒パンプス(ピンヒールで無い物をおススメします)

お父様の洋服準備

  • 紺色かグレーのビジネススーツ
  • 紺色か落ち着いた色の靴下
  • 白シャツ
  • 黒革靴
  • 明るすぎず暗すぎないネクタイ

それぞれ1~2着ずつご用意いただくと安心です。

何を買ったらいいのか、どこで買ったらいいのか分からない場合はデパートの子供服売り場に行くと専用のコーナーがありますし、色々なブランドでも揃える事が出来ます。

教室でもいくつか紹介してくださいます。

我が家はデパートや目白と恵比寿にあるマムエモアさんに良く買いに行かせていただきました。

そこでは受験校を伝えるとアドバイスをいただけたり、お子様に合わせて学校に合わせてのオーダーも出来ます。

後ほど紹介する洋服以外のグッズも沢山あるのでとても助かります。

マムエモアさんはインターネット販売もされているので遠方の方でもご利用いただけのでおすすめです。

説明会にも役立つ!早々に準備しておくと便利な小物

次に、洋服以外にもあると便利な物をご紹介させていただきます。

  • 親が持つ用の紺色の大きめバック
  • 子供用教室に通う時のバックもしくはリュック
  • 子供用上履き入れ袋
  • 親用の下足入れ袋
  • 傘袋
  • 黒紺の傘
  • 親用のスリッパ
  • 子供用ハンカチやポケットティッシュケース(子供用に小さいサイズが便利です)

基本的に色は紺色が主流でワンポイント刺繍が入っていても良いと思います。

上にあげたものは試験本番だけでなく教室通いや説明会見学会の時にも必要なので早々に準備されておくことをおすすめします。

試験対策として用意しておくと良い物

日頃の試験対策として用意しておくと良い物をご紹介していきます。これは小学校受験だけでく、入学後もあると便利です。

  • コピー機
  • ラミネート機
  • 廃材をとっておく(牛乳パックや卵パック、トイレットペーパーの芯など)

コピー機はドリルを印刷して使う時に、毎回コンビニに行くのは大変ですから一家に一台あると便利ですね。

ラミネートは覚えたい事柄をカラフルに手作りしてみるのはいかがでしょう?

テーブルマットとの間に挟んでもいいですし、壁に貼っても、お風呂ポスターにするのもおススメです。

廃材を使って工作をしよう!と思った時に限って無かったりするので、我が家では、小学校受験の対策を始めてからは「廃材ボックス」を作り材料になりそうな物はそこに入れてストックを作っていました。

小学校受験の準備

最後に

いかがでしたでしょうか?

前述したものを用意しておくことで、説明会も本番も安心です。

しかし、一日でこれらを揃えるのは大変なので、教室用の洋服はセールで購入するなど、少しずつ揃えられていくと良いと思います。

少しでも皆様の疑問や不安が払拭され、参考にしていただけたら幸いです。