中学受験!個別塾を併用する際の子供の視点と親の視点

個別塾に通う受験生中学受験をする家庭の親御さんが、「集団塾にプラスして個別塾にも通わせようか」と考えるときは、どんなときでしょうか。

おそらく…成績がパッとしないときですよね。

ただ、すぐにでも個別塾に行かせたくなったとしても、子供のために、考えてほしいことがあります。

我が子が中学受験をする中で個別塾を併用していた経験から、子供の視点、親の視点で個別塾に通う際のいくつかのポイントをご紹介していきます。

成績が伸び悩んでる…まずは子供の思いを聞かせてもらおう

長い受験生活。やる気がなくなることだってあります。高学年になるにつれ、委員会、さまざまな活動など、勉強以外のことを思いっきり楽しみたいときだってあるはずです。

成績が最近伸び悩んでいると親が感じたら、子供が今、受験勉強について思っていることを聞かせてもらいましょう。

「勉強が難しくて、ついていけない」「分からないところだらけ」「やる気がなくなってきた」親が想像もしていないことを口にするかもしれません。

成績が悪いと叱るのではなく、子供が自分の言葉で話すことで、頭が整理でき、気持ちが楽になるはずです。

個別塾を勧めるなら段階を踏んでから!通塾する前に確認してほしいこと

親が「個別塾で分からないところを教えてもらおう」と提案しても、子供は、頭を縦に振らないかもしれません。

「成績が悪い=さらに個別塾に行かせる」親からの罰のように受け止めてしまうかもしれません。

ただ、いくつかの段階を経ながら、個別塾の話をすると、子供が受け入れやすくなる可能性があります。

何よりも、子供の気持ちを尊重しながら、話し合いをすすめていきましょう。

これからどうするかを、一緒に考えてみよう

成績が上がらないままでは、志望校に合格できるのか、成績アップのためには何をすればいいのか、親子で考えてみませんか。

親御さん自身もいろいろと情報収集しているかと思いますが、成績を上げるためには、「弱点の克服」という結論にたどり着くはずです。

親は、その作業を個別塾の先生と一緒にすすめていくと、効率が良くはかどるという提案をお子さんにすることができます。

子供がその提案を受け入れるかどうか、気持ちを確かめてみましょう。

お子さんは弱点を無くそうと前向きになっていますか?

弱点の克服が成績を上げる一番の近道だという結論に達しても、子供のやる気がなければ、どうしようもありません。

成績について、親子で話し合うことで、子供自身が「なんとかしたい」「分からないところを克服しよう!」というやる気を持てたでしょうか。

自分の分からないところをピックアップして、弱点を無くそうと、前向きな姿勢を見せているでしょうか。

前向きな姿勢が見られたならば、個別塾で苦手なところを教えてもらうことで、分かるようになる方法もあると提案してみましょう。

個別塾に通う前に!集団塾の先生にまず相談をしましょう

経験豊富な先生が揃っているのが、集団塾の強み。成績について、相談してみましょう。

これからどういう方法で成績をあげていけばいいのか、過去の経験に照らして、アドバイスしてくれるはずです。そのアドバイスをもとに、個別塾を検討してみるのはいかがでしょうか。

もし、親が集団塾の先生のアドバイスが信頼できると感じたならば、集団塾のみで頑張ってもらいましょう。

けれども、「相当時間がかかりそうだ」「もっと効率よく取り組ませたい」親が、そう感じたならば、子供に個別塾の提案をしてみましょう。

塾で勉強する小学生

中学受験をする上で個別塾を併用するメリットとデメリット

個別塾を併用するメリットとデメリット子供の納得がなければ、たとえ個別塾を併用したとしても、成績アップどころか、かえってやる気をそぐことになりかねません。

「弱点を克服して成績アップしたい」「今の塾では先生になかなか聞けない」親子で思いが一致したならば、個別塾の検討をしてみましょう。

ただ、今までの生活リズムに個別塾を加えると、子供の精神的にも、親の金銭的にも負担がかかります。

実際に入会する前に、メリットデメリットをよく検討しましょう。

個別塾を併用するメリット

遠慮なく質問できる

これは最大のメリットでしょう。分からないところが分からない。そんな時もあるはずです。

集団塾ですと、先生に何度も質問しづらいこともあると思います。気兼ねなく質問できるメリットを最大限活かしてほしいですね。

人目を気にしなくてすむ

「こんな質問したら、バカだと思われそう」「何を質問しているのか、聞かれたくない」お子さんによっては、友達の目を気にして質問できないこともあるはずです。

その点、個別指導ならば、余計な気を遣わずに勉強に集中できます。

個別塾を併用するデメリット

塾によっては予約が取りにくいことも

集団塾と併用する子供が多いと、日曜日の予約が取りにくいことがあります。

また、好きな時間に予約できると書いてあっても、実際は予約で埋まっていて、希望する日時に予約できないこともあります。

早くからスケジュールを管理する必要がありますし、気に入った先生の予約が取れないこともあります。

子供の精神的、体力的つらさ

一週間のスケジュールから考えると、個別塾を入れるには、日曜日しかない場合が考えられます。

「日曜の朝くらいゆっくり寝かせてあげたい」と考える親御さんも多いでしょう。子供だって、嫌がるかもしれません。

子供とよく相談して、個別塾は、2週間に1回にするなどの配慮が必要かもしれません。

また、隣に先生がずっといると緊張する、と感じる子供もいます。

経済的な負担が大きい

個別塾ですから、費用は高めです。例えば、母親は行かせたいと思っても「そこまでしなくちゃいけないの?」と感じる父親がいても不思議ではありません。

夫婦で意見を合わせるのが難しいこともあります。

中学受験で個別塾を併用する場合は子供の気持ちを尊重して、検討しましょう

「個別塾にも行かされるんだ…」なんて子供を追い詰めるようなことになっては、何の意味もありません。

子供の意思を尊重し、弱点克服のために何ができるかを親子で一緒に考えることが大切です。

その先に個別塾があるならば、併用してみましょう。

分かる喜びを子供が感じたならば、弱点を克服していき、志望校合格に近づくはずです。